【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム

【glart_0217】アンティークドア調 ステンドグラスデザイン システム手帳カバー モノクローム

販売元
H0217
通常価格
¥26,950
販売価格
¥26,950
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

ステンドグラス調ガラスと本革の融合 

携帯するオブジェ

『 glart 』

- 現時点の傑作 -


メルヘンにならぬよう、あくまでもリアルに。
ヴィンテージのステンドグラスに近い色彩を表現しました。

ガラスの印面は透過度と着色のバランスを調整することでムラを生み出し、配色パターンは革との相性を考え、敢えてシックに。


革や芯材などは類似の商品と比較し、
倍近い種類とパーツ数、
組み立てにおいては、微細な誤差で表情が大きく変わってしまうため、
限られた職人のみ生み出すことのできる特別感。


完成に至るまでに約1年と半年。


肉眼では全てを感じ取れないほど、過剰な拘りにより生まれました。

全ては傑作を生みだしたいが故の、只のわがままかもしれません。

そんなわがままが誰かの心を激しく揺さぶることができたその時、
私たちは職人冥利に尽きることでしょう。

【 商品について 】

アイテム名
手帳カバー
バイブルサイズの6穴バインダーリフィル手帳カバー
新しい生活に向けてステンドグラスデザインの手帳カバーのご提案です。
存在感のあるドアデザインが目を惹きます、
ドアを開けるとそこには職人によるミシンのステッチとまだ埋まっていない予定
その日の想いや、記録を書き留めるお供にglartの手帳はいかがでしょうか?

size( cm )

6穴バイブルサイズ
リフィルサイズ:17.2 x 9.5

H:19.5 W   :14 D:3

color
  • モノクローム
  • セピア
spec

6穴バインダー
カードポケット ×3
ポケット ×2
ペン差し ×1

【 素材について 】


・リアルガラス

創業70年を超える硝子メーカー、Tomi glassとの共同開発により生まれた
リアルガラス。

使用のガラスは車のヘッドライトなどを加工する工場で特殊加工を施し強度を確保しております。

・バスクレザー


植物タンニンとクロムなめしのヌメ革を染料で染めたあと、
職人が一枚一枚手塗りでブライドルレザーにも使われるワックスを塗り込み仕上げた日本の革メーカーによるナチュラル&オイルレザー。

手作業による色ムラや革特有の自然な表情が魅力で
独特のコシ感があり、経年変化を楽しめます。




【 納期について 】


現在「完売」表記になっているお色も、随時製造しておりますが、一度に作れる量が限られております。

次の上がり時期等の納期をお知りになりたい方は、お問い合わせくださいませ。