私たちのアトリエの話 ~waji文の里工房~

ここが私たちの製造場所

ここは築100年を越える、歴史ある古民家



古き良き建築物の醸し出す空気や雰囲気が

創作意欲を掻き立ててくれます

 

 

夜になれば仕事を終えた職人たちが集まり

近況報告や技術の交換、
新しいものづくりへのチャレンジのことなど

お互いのアイデアを共有し、刺激し合える場へ




仲間の誕生日にはお祝いし



料理が得意のメンバーが作るお食事と



そしてちょっぴりのお酒と...

 

 

そうここが、私たちのアトリエです。

 

 

| 阿倍野区文の里に工房を構える

大阪の南側に位置するこの場所


今では阿倍野と言えば "あべのハルカス"と言う新しいシンボルがありますが


文の里というエリアは

まだまだ昭和の長屋や古民家が立ち並ぶ

とても歴史と趣のある街並みです

 

駅からすぐの文の里商店街には、
古くからある総菜屋さん、たこ焼き屋さん、
お肉屋さん(ここの揚げ物は絶品!気前のいいおっちゃん、います)
などなど



おしゃれなイタリアンも、
そして居留守文庫なるお店も...

 


そんな地で見つけた古民家に、私たちはアトリエを構えました

| 築100年を越える古民家

まずは職人の命ともいえる道具やミシンを置けるよう



全体をリノベーション





快適な環境にするため、キッチンやお風呂も新調


味のある中庭や天井の梁など、古き良き建築はそのままに


リノベーションも終わり


重たいミシンや機材の運び入れ

 

 

 

そして時は2016年


若き職人たちはこの文の里で、ものづくりをスタートさせました

歴史あるこの古民家に


わたしたちwajiの歴史も、刻み込まれ始めたのです

 

| ここで生まれた数々の作品たち

ここで寝泊まりし、昼夜問わずものづくりに打ち込んだ日々




古民家特有の急斜な階段から、滑り落ちることもありました



暑い夏、冷房もない中で汗をかいても縫い続けました



寒い冬、隙間風で凍えそうな時もデザインし続けました



失敗しても失敗しても、諦めずに挑戦し続けました

 

~~~

   あれから、5年...

          ~~~

 

この地で試行錯誤を繰り返し、生まれた作品たちは数知れず

 

アンティークドアのglart 

左右非対称のアシンメトリートート 

シザーケース  ハカマエプロン

 

 

...正直言って、苦労に苦労も重ねてます







でも、ここに訪れた人たちは一様にこう言います







「wajiって、なんだか楽しそう」

 

 

| アーティストが集まる交流の場に

今では交流の場として開放し
他ブランドの職人やデザイナーを始め
カメラマン、アーティスト等の方々が頻繁に立ち寄り
お互いの技術やアイデアを共有し合い、とても刺激のある場へと進化しました。


ものづくりに対して同じ志のあるメンバーが自然と集まり、共に仕事もするような関係にも発展したり



そして時には鞄の専門学校の見学コースにもなっており



新しい働き方を提案する場にもなっています

 

 

 

 

進化を続けている私たちの工房

 

でも、当時からずっと変わらないことがあります






それは






  「ものづくりが好き」

 

 

そうここが、私たちのアトリエです。

 

 

これからもwajiは


和の環境でものづくりを続け


さまざまな輪を広げ続けます







  ~この地で歴史とミシンの音色を、刻みながら~